自分たちらしい結婚式がしたい!見学する際のポイントは?

キーワードを決めて、イメージを膨らまそう!

自分たちらしい結婚式がしたい!でもどんな風に考えたらいいの?と考えるカップルは多いのではないでしょうか?まずはキーワードをあげてみましょう。好きなアーティストは?好きな色は?二人の出会いの場所や思い出の場所は?など。自分たちを表すものを一通り書き出してみましょう。その中から表現できるものをピックアップしていき、イメージを作ります。例えば、自分がイメージした色のドレスやテーブルクロスがなかったら、その会場では自分たちのやりたいと思う結婚式ができないかもしれません。イメージをしてから会場に行き、自分たちが思うものができるかできないかを判断しましょう。

プランナーさんは誰が担当してくれるの?

結婚式場によっては、見学で説明してくれた方がプランナーとして結婚式当日まで一緒に作り上げてくれる場合もあります。しかし、中には営業担当のように説明を専門に行う人がいて、契約したらプランナーは別の人が担当するという会場もあります。契約した途端、初めて会う方に任せるのは心配ですよね。説明を聞きに行った際にもし契約をしたら、プランナーは誰が担当してくれるのか率直に聞いてみましょう。その上で会えるなら会ってお話ししてみてください。気持ちをしっかり汲み取ってくれるプランナーさんは結婚式の成功に欠かせません。

イメージを伝え、アイディアをもらおう!

最初に考えたイメージを率直にプランナーさんに伝えましょう。しっかりと固まっていなくてもいいのです。ふわっとしたイメージでも明確に形にしていくのがプランナーさんのお仕事です。ただ、一方的にその会場のウリやメリットを話してくるプランナーさんは良くありません。きちんと話を聞いてくれるか、また聞いた上で「これはどうですか?」とアイディアを出してくれるプランナーさんを選びましょう。アイディアをたくさんくれるプランナーさんだったらきっと自分たちがやりたいと思うことを突き詰めて考える手助けをしてくれるはずです。一生に一度、主役になれるイベントです。悔いのないように良い結婚式にしてくださいね!

博多の結婚式場には玄界灘を見下ろすことが出来るような場所に建てられた式場が多く、明太子を使った料理も堪能出来ます。