知っていますか?結婚式の招待状を返信する時のマナー

結婚式の招待状が届いたら・・・

結婚式の招待状が届いたら、返信する際の色々なマナーがあります。社会人として恥ずかしい思いをしないように、知っておく事が大切ですね。まず、筆記用具は毛筆や万年筆がきちんとしていますが、慣れていなければボールペンでも構いません。ただ、必ず黒色を使用しましょう。出席する場合は、出席に丸をつけて欠席は二重線で消します。出席の前についている「ご」や「御」も二重線で消しましょう。「喜んで出席させて頂きます」という文章になるように、言葉をつけ加えるとさらにマナー上級者です。

やむをえず欠席する場合のマナー

結婚式は、招待されたらできる限り参加するようにしたいものです。そうは言っても、どうしてもはずせない先約があったり、経済的に困難な状況であったり、女性であれば妊娠・出産の時期と重なってしまう事もあるかもしれません。やむをえず欠席となった場合でも、返事は電話やメールだけで済ますのではなく、必ずハガキも返信しましょう。結婚式を欠席する代わりに、結婚式当日に届くよう祝電を送るのがオススメです。招待を断った事で友情関係にヒビが入らないよう、気遣いが大切ですね。

できるだけ、早めの返信を

招待状を返信するのは、届いて2~3日ぐらいが理想的です。先方も準備などがありますので、早めに人数が確定すると助かります。遅くとも1週間ぐらいまでには返信しましょう。ただし、欠席する場合は、届いてすぐに突き返すように返信すると失礼になります。1週間ぐらいたってから返信する方が良いでしょう。仕事の都合などで、出席できるかどうかギリギリまでわからない場合は、先方にその旨を伝えるようにして、返信期限がずるずる過ぎてしまう事のないよう気をつけましょう。

天神の結婚式場には、様々な特色のあるレストランが展開されており、優秀なスタッフのサポートを得ることもできます。