忘れられない日に!!少人数で温もりのハーブホームウエディング

気軽に取り入れられる

さまざまなシーンや小物の中でも結婚式でハーブを最大限に生かせるのは新婦のヘッドドレスやブーケ、そしておそろいのブートニアでしょう。ハーブは幸せカラーを表現する素材としてこれ以上のものはないともいわれます。ハーブの葉色の変化を利用するのもポイントですよ。パーティーの食事を彩る料理の中にも気軽に取り入れることができ、取り立てて贅沢ではありませんが少人数のハーブの結婚式は充実感を前いた側も招かれたゲストにも残してくれるでしょう。

ハーブを使ったプレゼント

シラカバの木の枝やアオツツジラフジのツルを編み込んで作った花車の周囲に白い花が清らかなジャスミンを絡めてカモマイルの花束とデュエットさせるといいでしょう。カモマイルの花束はゲストに持ち帰ってもらうものでオーデコロンミントやスペアミントとアレンジして大きな朴の葉で包んでおきましょう。花車にあふれるほどの花束はホームウエディングの最終にも楽しんでもらうことができます。また、レモンの香りがさわやかなレモングラスと青々としたススキの葉でかごを編み、引き出物の器にして心をこめたフレッシュな引き出物にしても面白いですよ。

アレンジがとにかく豊富

ハーブの香りの醍醐味はなんといってもゲストをくつろぎの中へ誘ってくれることでしょう。ハーブから受ける自然の恵みを生かした結婚式ではブーケに代えてアケビのツルで編んだ小さなかごにハーブをアレンジしてみたり、ミントを中心に朝露の中から積んできたイチゴを小さなバラと組み合わせてもよくアレンジが豊富で無限の広がりがあります。ぬくもりが感じられる少人数のオリジナルハーブウエディングはハーブを育てるところから手作り感満載で当日は忘れられない日になるでしょう。

大人数を招待しての決まりきった結婚式ではなく、結婚式なら親族のみで挙げたいとお考えのカップルへ。少人数挙式に対応できる式場やレストランの情報は、web上にいろいろあります。